軽妙競馬|競馬予想と小ネタブログ

競馬予想しつつ、競馬関連ネタのメモ。雑談多め

流星/吉田拓郎カバー。ハルカトミユキのYouTube動画がとてもいい

   

『流星/吉田拓郎』カバー/ハルカトミユキのYouTube動画がとてもいい

この楽曲カバーは驚いた。『流星/吉田拓郎』カバー/ハルカトミユキのYouTube動画がアップされてるとロッキンオンのTwitterで知りまして。  

 

作詞/作曲 吉田拓郎 編曲 鈴木茂

発売日 1979.5.5

タイアップ TBS系ドラマ『男なら!』主題歌

ベストアルバム『ONLY YOU』 などに収録。

 

ライブ版、流星2003バージョンなど多数あり。  

 

早速聞いてみたところとてもいい、おすすめなカバーでした。アコースティックギターで弾き語りされています。  

 

吉田拓郎さんの流星、カラオケでよく歌う歌で、歌詞もよく、吉田拓郎さんの好きな曲でもあるので「若い人がよくご存知で」と思ってしまうのでした(おっさんか)。  

 

拓郎さん、洛陽、イメージの詩、夏休み、人生を語らず、明日に向かって走れ、永遠の嘘をついてくれ、唇をかみしめて、高円寺、地下鉄に乗って、春だったねなどカラオケで歌う名曲ばかりでございます(隠れた名曲なんてない!)。  

 

吉田拓郎さんの『流星』をカバーするとは、素晴らしい

“流星”は、Vo.ハルカが学生時代からずっと敬愛し歌い続けてきた曲で、6月のワンマンでもハルカがアコギ一本で弾き語った。ライヴ終了後に、ファンから「流星をもう一度聴きたい」「音源としてリリース予定はあるか?」など、問い合わせが殺到したため、回答としてこの映像をアップしたとのこと。
ハルカトミユキ、吉田拓郎“流星”カヴァーをYouTubeに-RO69(アールオーロック)-ロッキング・オンより

吉田拓郎さんの楽曲で、意外なところをカバーしてきたなというのか最初の感想でした。  

カラオケでたまに唄います。好きな曲なんです、拓郎さんの『流星』。  

 

ちなみに、自分が生まれた年の発売です。1979年。  

 

えっと、何年前だ……(ケイサンデキナイヨ)。  

 

吉田拓郎『流星』歌詞はこちらから  

 

楽曲カバーの本筋

カバーというと有名どころの曲をやったりする、あらかじめよく知られてる曲をする、っていうヤツありますでしょ。  

 

これ、いいも悪いもあるとは思います。けれど、ホントのところ自分が聞きたいのって、曲が有名というよりも、ミュージシャンが心底好きな曲やってほしかったりするんですよ。どれだけ口ずさんだのか、どれだけ聞いたのかわからないくらいの曲を。  

 

そのほうが「本来のカバー」ってヤツでしょう。これは、回数こなした分の重みやっていうのですよ。意味を持つというとおおげさだけど。  

 

再生してみましょ。ハルカトミユキ『流星』カバー、YouTubeの再生ボタンポチっ

https://youtu.be/15Tyf-Gux20

 

素晴らしい。素晴らしい。  

 

声なんだなぁ。声なんだなぁ。  

 

そして、吉田拓郎さん喜んでそうな顔が浮かびます(鼻の下がのび……、いえなんでもないです)。  

 

声量って言いますけど、声の濃さなんですよね。表現を音で包む。表現を声で音でどれだけ包めるかみたいなところってあります。  

 

拓郎さんの『流星』を、めちゃくちゃ好きなんでしょう。  

 

こういうバックボーンが見えるカバーっていいですね。  

 

音源発売されないものでしょうか。配信でいいので。   拓郎さんの流星カバーと言えば、真心ブラザースのもよかったです。  

 

以上、『流星/吉田拓郎』カバー/ハルカトミユキのYouTube動画がとてもいい、おすすめ。アコースティックギターで弾き語り【カラオケ・好きな曲】でした。