軽妙競馬|競馬予想と小ネタブログ

競馬予想しつつ、競馬関連ネタのメモ。雑談多め

2019.6.23函館競馬1レース3着・ツクバハナコ【儲かる勝馬投票・競馬予想メモ】

儲かる勝馬投票・競馬予想メモ 2019年6月23日・函館競馬場1レース3着・ツクバハナコ

函館競馬場1レース。3歳未勝利。芝1200m。

 

3着に追い込んできたツクバハナコ。膝骨折開け。ロードカナロア産駒。母父はハーツクライ。

 

馬場状態・稍重よりの重

 

レースラップ 11.9-10.4-11.2/11.9-12.4-12.5

 

f:id:take_omu:20190627131957p:plain

ツクバハナコ、スタートから出遅れ。8ヶ月半の休養前の新馬戦でも出遅れてた。6番・マルカノーベルに入られ気味な1ハロン目。

 

 

f:id:take_omu:20190627132427p:plain

出遅れを挽回しようとするも、前を走って行く馬が詰まり気味でツクバハナコの走るリズムが狂う(レース映像見るとよくわかる)。

ツクバハナコ自身のテン3ハロンは34.4秒と稍重寄りの重から考えるに、10番手あたりを走っていてもかなり早いペースでレースが始まって行ってる(位置どり的に後方だからと言って、遅いペースで走ってるわけじゃないレースはたまにあるので、ラップタイム確認の必要性)。

 

前斜め外を走っていたセレーネワルツ(14着)はテン早なラップについていけてなく、1ハロン目2ハロン目であっぷあっぷしてた(ワルツはテンポ早くないから仕方がないか、って違う〜)。

 

セレーネワルツの近くを走ることになったツクバハナコはあっぷあっぷしてる馬の走りに付き合う展開になった。馬場が渋って、ラップタイムが遅めで流れるところを早くなってる影響でしょう(ダートはそれが逆になる)。

 

 2枚目の写真、ツクバハナコを外から出して出して追い抜いて行ってる馬が勝馬・メイクアンシー。

 

 

f:id:take_omu:20190627134420p:plain

3角から4角。

 

垂れて脚ないもののどうにか持たせようとしている セレーネワルツの真後ろに入ってしまったツクバハナコさん。どうにもこうにも打つ手がありません。思いっきり、付き合ってしまってます。他馬がゴールに向かって追い出し始めてスピードに乗せてるところ、同じ動作をできないのは不利でしょう。

 

f:id:take_omu:20190627135327p:plain

すんごい面倒な競馬をしたツクバハナコ、短い直線、ジクザグと進路探してあらよっと、上がり3ハロン36.1秒で追い込んで来た。7番人気、複勝480円。

 

ツクバハナコの枠がもう少し外目で、あっぷあっぷした馬に付き合わなければ、勝ってたでしょうね。引き続き芝1200mで良し、札幌芝1500mあたりの延長でも(3歳未勝利の番組あったっけ?)。できたら外目の枠がいいかと。

 

 

このレース、似たような競馬をしてた馬が、フレンチチェリーとストレイトスタイル。

ほか、大外枠から終始追いっぱなしのカフェドラペ(たぶん、ラップ構成の遅くなる延長が向く)、同じく大外枠からためる競馬をしたウインバラーディア。馬券に組み込みたいところ。

 

 

ツクバハナコの初戦【1着ダノンキングリー。2着カレンブーケドール】

ツクバハナコの初戦は、1着・ダノンキングリー(共同通信杯1着→皐月賞3着→ダービー2着)、2着・カレンブーケドール(オークス2着)の8着

 

そこそこ乾いた馬場を出遅れて、3角-4角内に2頭いる外を走り、上がり33.3秒。

 

f:id:take_omu:20190627141456p:plain

しかも、直線はうまいこと追えてない。それでも上がり3ハロン、コーナーを中頃から外に出して33.3秒だから「馬券になるだろうなぁ」という走りに見える。

 

 

とは言え、追い込み馬の距離短縮、骨折休養明けでしたから本命にするまでは厳しかった。けど、ヒモでベタ買いするパターンでありましたね。鞍上の加藤祥太騎手はちょいちょい穴を持って来る騎手なので注目です。

 

 

以上、2019.6.23函館競馬1レース3着・ツクバハナコ【儲かる勝馬投票・競馬予想メモ】という話でした。 

 

 

参考にどうぞ

 

nazokuri.com